Latest Entries

日本発表が待ち遠しいぞ!新型Audi A1と新型Audi Q3!

いつも当ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

お盆休みシーズンですね。
長距離を走るお父さん、お母さん。はたまた普段はあまり運転しないけど、運転するなんて方も多いかもしれません。

こまめな休憩やいつも以上の注意で事故を未然に防ぎ、楽しいお盆休みにしたいところですね。

さて今回は、発売が待ち遠しい、新型のAudi A1、Audi Q3の話題です。



■ちょいワル風エクステリアのA1

まずはAudiの末っ子、A1。
パッと見、かなり変わった感じがありますね。

今まではコンパクトで可愛らしいイメージだったのですが、ちょいワル風の少しダークなイメージが漂ってます(私の主観です^^;)。

ただちょいワルと言っても、いわゆる「ちょいワル親父」ではなく、「小悪魔」的な感じでしょうか。

男性が乗ったらもちろんカッコよく、女性が乗っても女性らしいカッコよさを引き出させるようなデザインじゃないかなぁ。

大きく開いたシングルフレームグリルと特徴的なヘッドライトが、このように感じさせるんだと思います。

シングルフレーム上部の3箇所のスリットは、昔のモデルのそれを踏襲しているんだとか。
この部分も個人的には結構好きです。

あと、3ドアは廃止され全て5ドア(スポーツバック)になるみたいですよ。
使い勝手を考えたら、やっぱ5ドアってことですかね~。



■Q3は正統派SUVの顔つき

続いてAudiのコンパクトSUVで人気のQ3。
下にQ2がいるので、SUVとしては末っ子ではないですね。

こちらもルックスがだいぶ変わってますね。
以前発表されたQ8の顔つきに似たデザインになっており、Audiの新しい世代を感じさせます。

今後はQ5やQ7もこの顔つきに変わっていくのでしょうね。
Q2は独自路線行くのかな…?!

さて、その顔つきですが、A1のちょいワル風と比べるとかなり正統派で凛々しい感じがしますね。
どちらかと言うと、Q3の方が上品な感じがあるかもしれません。

シングルフレーム内の縦のラインは、ボディを大きく見せてくれる(縦方向に)感じがしますしSUVらしくて、私は結構好きですね。

続きを読む

猛暑でも車内はなるべく快適にしたい!Audi A4 Avantで使用してるグッズはコレ!

いつも当ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

先週末から今週頭にかけて台風が通過しました。
通過後は少し暑さが和らぐかなと思いきや、猛暑日が続いています。
なるべく「暑い」という言葉は発しないように気をつけていますが、出てしまいますよね、「暑い」って。

さて今回は、そんな猛暑を乗り切るのに車内で役立つグッズを紹介します。




■記録的な猛暑でをどう乗り切る?!

2018年は記録的な猛暑となっています。
40℃近くまで最高気温が上がる日が稀にあるとかじゃなく、毎日…。

出社時、帰宅時はフツーに汗だくですよね。
電車やオフィス内の気温と外気温の差はどのくらいあるんでしょうか?

10℃以上はあるのかな。
この差が体力を消耗させます…。
早く平年並みまで落ち着いて欲しいものですよね。

前置きが長くなりました。
そんな猛暑を如何に快適に過ごすか。(もちろん車内での話です。)

今回は、私が使用している暑さ対策グッズをご紹介します。




■フロントガラス用サンシェード

定番中の定番と言ってもいいかもしれません。
駐車時にフロントガラスへ設置する、サンシェードです。

こんなんで効果あるの?!って思う方もいるかもしれませんが、使ってみたらわかります。

サンシェードを設置してしばらくして外す際、サンシェードは結構な温度になっているのですが、ダッシュボードはそこまで高音になっていません。

また、ステアリングが熱せられて握れないなんてことはなくなります。
原始的な対策かもしれませんが、駐車時にこれをやるのとやらないのとでは結構な差があるように思いますね。

さらに暑さ対策とは関係ありませんが、Audi純正のサンシェードだと気分的に○ですし、コンパクトに丸まって収納できる(収納袋付き)ので気に入ってます。

以前の記事はこちら

以上、猛暑をなるべく快適に乗り切るグッズの紹介でした(°▽°)

続きを読む

高速充電 USBポートをAnker PowerDrive Speed2で簡単増設したよー

いつも当ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

台風が近づいています。
しかも東から西に進路をとる珍しいもの。
台風への備えは、いつも以上にしたいところですね。

さて今回は、お手軽に高機能なUSBポートを増設できるAnker PowerDrive Speed2のお話です。




■大容量バッテリーへの充電機会増加

iPhone、iPad、Apple Watch、カメラ…
ここ十数年で充電電池によって動作するデバイスが一気に増えてきたように思います。

そして、これらのバッテリー容量の増加。
これにより充電時間も合わせて増加するはずですが、充電効率をあげたり高い出力で充電できるようにしたり(高速充電)で充電時間はそれほど増加傾向にない印象です。

ただ、その恩恵を受けるためには付属のアダプターやケーブルの使用が必須のパターンも少なくありません。
車内では備え付けのUSB端子を使用するか、USBポートを装備したシガーソケットを使用するかのどちらかが主流ですが、前者は高速充電に非対応、後者も高速充電に対応したものを使用する必要があります。




■シガーソケットが急速充電スポットに変身

私はこれまで、Audi A4 Avantに備え付けのUSBポートよりデバイスの充電を行ってきましたが、車で移動する限られた時間で効率よく充電したいという思いのもと、高速充電対応USBポートを装備したシガーソケット導入の検討をはじめました。

高速充電対応のシガーソケットは各社様々な商品が販売されているようで、それぞれ独自の高速充電技術を持っていたり、ある程度は統一規格になっていたりしてちょっとややこしい…

私の場合、所有しているスマホがiPhoneXなので、これに高速充電可能であることが前提条件。

この前提条件をもとにAmazonなどで探してみると、実績やレビューの高さから「Anker」社が良さげだとわかりました。

続きを読む

Qi充電機能も!思い通りに配置可能なスマホホルダーiOttie Easy One Touch4をレビューす

いつも当ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

猛烈な暑さが猛威を続けていますね。
各地で40℃に迫る気温になっています。
西日本で水害にあわれた方々の体調や、復旧作業への影響が心配です。

さて今回は、車載スマホホルダー「iOttie Easy One Touch 4」のレビューです。




■iOttie社とは

まずはじめに、今回レビューの対象とした「Easy One Touch 4」を開発・販売している会社についてです。

iOttieという会社でしてあまり聞いたことのない名前なのですが、以下のようなすごい実績を持つ会社のようです。

  • Amazon USのカー用品ベストセラーを2012年より継続中
  • 全米で毎月約100,000台の売り上げ実績を誇る車載ホルダー専門製造会社
  • 設計・デザインはNYで行っている

Amazonの本場でカー用品ベストセラーを継続中とはかなり凄い(^^)
ただ、日本ではあまりメジャーな会社ではないです。

少し調べたところ、日本版Amazonで販売を開始して間もないみたい。




■付属品ごとの特徴

開発・販売する会社のことがわかったところで、今度は肝心の製品レビューに参ります。
まずは付属品チェックから。

  1. 車載ベース
  2. カーチャージャー一体型マイクロUSBケーブル
  3. ダッシュボード粘着パッド
  4. Easy One Touch 4本体
  5. 取扱説明書(英語)

付属品は以上5点。
これらを組み立てて、スマホホルダーができるようですね。

注目点としては
  • 3つの可動箇所により上下左右、奥行き、傾きを好みに変更可能
  • カーチャージャーに別のUSB機器に使えるポートを備えている
  • Qi充電機能装備(インジケーターランプあり)

これまでのEasy One Touchシリーズで培われた、スマホを自在に配置できる機構に加え、Qi充電機能を装備。
置くだけ充電というやつが可能になったってわけですね。

これは使ってみて初めて良さがわかるかもしれません。
そして、それを知ってしまうともうQi充電なしでは考えられない可能性も。。。

さらにこのQi充電は、一部機種に限り高速充電が可能みたいですよ。
(Samsung Galaxy Note 8, S8, S8 Plus, S7, S7 edge)

続きを読む

フリマ?オークション?乗り換え放題?今どきのクルマとの付き合い方まとめ

いつも当ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

W杯はいよいよ決勝、3位決定戦を残すのみとなりました。
意外なチームが決勝に残ってたりしますか?それとも予想通り?

いずれにしても、この2試合でロシアW杯は終わっちゃうんですよね。
なんか寂しい…あっという間でしたね。

さて今回は、クルマに関する新しいサービスのお話です。




■クルマとの新しい付き合い方を実現するサービスが続々と現れつつある

若者のクルマ離れが言われていますが、実際はどうなんでしょう?
やはりその通りなのかな(若者じゃないのでちょっとわかりませんが)。

そんな中、クルマとの新しい向き合い方、新しい売買の仕方がいろいろと出てきているようです。

今回はその中から、4種類をピックアップしてご紹介したいと思います。
若者に限らず、知っておいて損はないように思えます。
ぜひご参考にしてみてくださいね~。




■culumo(クルモ)

<種別>
フリマ・オークション

<特徴>
・名義変更/輸送/決済の面倒な手続を代行してくれる
(代行費用はかかる)
・限定直販車両が毎週掲載される
(一般流通前の車両を仕入れ値に近い価格で買うことが可能)
・国内最大のオークションサイト「ヤフオク」に同時出品することが可能
(手数料あり)

<メリット>
個人間売買なら、中古車売買にかかる余分なコストを省くことが可能

<デメリット>
原則として売買成立後にキャンセルや返品・交換は不可(当然と言えば当然)

<会員登録要否>


<利用料金>
HP参照

 ⇒culumo(クルモ)

続きを読む

Appendix

当ブログ内の記事検索


最新記事



Audi車 パーツ検索



フォルクスワーゲン車 パーツ検索


Google+