Latest Entries

自己満足度のみ高い!Audi S lineストライカーカバーを装着です(*´-`)

いつも当ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

だいぶ冬っぽくなりましたね。
私は、マフラー、手袋を新調しました。
7年くらい使いましたから、結構使使い込んだ感じです。

さて今回は、完全に自己満足!だが満足度は高いAudi S lineストライカーカバーのお話です。




■完全に自己満足のアイテム

今回は、外からは全く見えない部分にアイテムを取り付けました。
その部分とは、ドアに隠れたボディ側にある金属部。
ドアを開けないと見えません。

上の写真を見ると、純正は素っ気なく無機質な感じです。
まぁ気にしなければ全く問題ないのですが、もう少しスタイリッシュにしたいと言えば、したい気がするし…

というわけで、
前から目をつけておいた「ドアストライカーカバー」という商品を購入しました(^-^)
さて、これがどう変わるのか…。




■物自体は、まぁこんなものかと

ネットショップにて購入し、数日で届きました。

取り付け箇所は前後左右のドアで、全部で4つが1セットで売られています。
TTなどの2ドア車用に2つか1セットになったものも中にはありましたね。
(意外とヤフオク!やメルカリに多数出品されています)


 ⇒Amazonで探す
 ⇒楽天で探す

 ⇒Yahoo!ショッピングで探す

到着した商品は一つ一つがプチプチで包装されており、輸送中に傷がつかないよう考慮されてました。
肝心の商品そのものはというと…値段相応かな。

良くもなく悪くもなく。
後ろに両面テープが貼られていますが、これがなかなか雑に貼られてました。
ただ、取り付ける分には問題ないかなというレベルですかね。

表面は鏡面に仕上げられており、いい意味で裏切られましたね。キレイです。

続きを読む

Audi純正ラゲッジコンパートメントボックスはそこそこ使えるヤツだった(*´-`)

いつも当ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

11月も中旬になり、冬を意識した服装が必要になってきましたね。
コートにマフラー、ベストなど。
私は、今の段階でガッチリ装備すると真冬が来た時に耐えられなくなる恐れがあるので、軽めの装備にしてます。

さて今回は、ラゲッジルームの整理などにちょうどいい、Audi純正ラゲッジ コンパートメントボックスのお話です。




■ラゲッジルーム内の整理のためにこれを購入

小さな子供がいらっしゃるご家庭では、車のラゲッジルームは結構散らかってしまいがち。

サッカーボール、アンパンマンのおもちゃ、バイバイク、着替え…
物によってはラゲッジルーム内で転がってしまったり、動いてしまうものもありますよね。

そういったものを整理してスッキリ見せたいなということで、Audi純正のラゲッジコンパートメントボックスを購入しましたo(・∀・)o

こんなもの、Audi純正でなくていいだろ!って思いますが、雑貨屋などで探しても意外としっくりくるものが見つからなかったりするんですよ。




■Audi純正ラゲッジコンパートメントボックスの特徴

以下がAudi純正ラゲッジコンパートメントボックスの特徴になります。
  • ちょうど良いサイズ感
  • 取っ手がついていて持ち運びしやすい
  • 折りたためる
  • フォーリングスマークが付いてる
  • シックなブラック

サイズはおおよそ、幅48cm、奥行30cm、高さ19cm。

取っ手がついていますので、持ち運びするときにしっかりと掴めますし力も入れやすい。

使わない時には、折りたたむことで邪魔にならない。
これは結構重要なポイントですねぇ。
折りたためるのに、ガッチリした作りなので強度もそこそこあります。

続きを読む

試乗でわかったAudi Q5に備わる嬉しい機能~エアサスいいわ(´ω`)

いつも当ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

先日iPhoneXが発売されました。
かなりの人気なのか、予約日当日に予約したはずのiPhoneXが今も手元にありません(*_*)
いつになるやら…

さて今回は、試乗でわかったAudi Q5に備わる嬉しい機能についてです。




■新型Audi Q5に初試乗

先日、妻と子供と一緒に新型Audi Q5の試乗に行ってきました。
実車は既にチェック済みでしたが、試乗はまだだったんですよね。(実車を見てきた時の記事はこちら

今回試乗させていただいたグレード、装備は以下です。

●Audi Q5 2.0 TFSI quattro
《オプション》
  • ラグジュアリーパッケージ
  • アシスタンスパッケージ
  • マトリックスLEDヘッドライトパッケージ

改めてカタログを見て思ったのですが、Q5はサラウンドビューカメラやパークアシストは標準装備なんですね~。

ウチのA4にもサラウンドビューカメラとパークアシストがついていますが、一度サラウンドビューカメラに慣れてしまうとフツーのには戻れないです。

フツーに比べて、圧倒的に見やすいと私は思います。
画質も違うような気が…

なので、これらが標準装備なのはステキですね。




■エアサスは絶品

オプションのラグジュアリーパッケージですが、パーシャルレザーシートに加え以下が付いてきます。
  • アダプティブエアサスペンション
  • アンビエントライティング

アダプティブエアサスペンションとは、以下2つの機能を備えます。
  1. 走行状況に応じて4輪それぞれの減衰力を1/10秒単位で制御
  2. アウディドライブセレクトによる車高のコントロール

1については試乗してすぐに違いがわかりました。
非常にマイルドな乗り心地で、多少の凹凸だったらある程度は平地を走っているかのような感覚でした。

ウチのA4はCPMによって俗に言う「良く動くサスペンション」になっていますが、これと比べても全く次元が違いますね。
ラグジュアリーパッケージに含まれる理由も自ずとわかります。

2については、これまた感動(゚∀゚人)
ドライブセレクトを変更することによって車高が低くなったり高くなったりするんです!

目盛りが5つありますから、5段階に変化するんでしょうね。
Liftモード以外は走行中にも変えられます。
普段の街乗りでは中間、高速では低く、山道などでは高く。
シーンや気分に合わせて車高を変えられるのはステキですよね~。

Q5を購入するなら、必須のオプションと言っても過言じゃないかもしれません。
ただ、アダプティブエアサスペンションは単独オプションでつけることはできない(執筆時)のが難点でしょうか。

続きを読む

Audi A4(B9)とA3(8V)の実燃費をちょっとだけ比較です(o_o)

いつも当ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

3連休の中日、いかがお過ごしでしょうか?
なんでも、今年最後の3連休みたいですね。
貴重な3連休を有効に利用したいところです。

さて今回は、前車A4(B9)とA3(8V)の燃費比較のお話です。




■今回は燃費にスポットを当てます

Audi A4 Avant (B9)が納車されもうすぐ1年。
これまでのA4 Avant実燃費を振り返ってみようと思います。

まずはカタログ燃費をおさらいしておきます。
ウチのA4 Avantはquattroではない(FF)なので、カタログ燃費は以下になります。

Audi A4 Avant 2.0 TFSI S line (B9) MY2017
18.4km/l
※MYはモデルイヤーの略でMY2017は2017年モデルを指す

《メモ》
S lineパッケージ装着車なので非装着車より車高が低く、18インチのタイヤを履いています。
あと、MY2018やMY2019がどうかわかりませんが、ラゲッジルーム下にスペアタイヤを備えています。




■Audi A4 Avant (B9)の実燃費

これまでの給油は13回で、期間は2016年11月26日~2017年10月29日。

納車されて3日目にしてECU故障で入院したりしたため、初回と2回目の給油データは参考にならない。
→これらデータは今回、使用しないことにしました

平均 13.10km/l
最低 10.32km/l ※2017年8月15日
最高 17.07km/l ※2017年7月17日

カタログ燃費達成率 71.20% ※平均燃費にて算出

平均を見ると、まぁそんなもんかという感じ。
ただ月に一度くらいのペースで往復300km程度の長距離走行をしていての数字なので、これが街乗りオンリーだと10km/lくらいまで落ちるのではないでしょうかね。

基本的にゆったりと走りたい派なので、急発進、急加速はしていません。

最低と最高が同じ夏場にきているのは意外でした。
7月は長距離が多かったのかもしれません。

続きを読む

Audi A4 Avant (B9)の12ヶ月点検、そして異音対策はいよいよ最終章?!

いつも当ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

先週末は台風が東海、関東を通過していきました。
そして今週末から来週頭にかけて、またしても台風が日本に近づいてくるようですね。
地盤が緩んでいるところも多いと思いますので、いつも以上に注意されてください。

さて今回は、納車から11ヶ月。少し早い12ヶ月点検と異音対策シーズン5のお話です。




■保留になっていた異音対策の準備ができた

ようやく、対策準備待ちとなっていた異音対策を行なっていただきました。
まずは、ウチのA4 Avant (B9)で発生した3つの異音について、以下をご参照ください。

3つの異音について

●今回対策した異音(異音②の一部改善仕切れていない部分)
旋回時や低速時の段差通過時等において、コツコツとバケツの底を叩くような音がする

《原因》
ボディフレーム内には複数の板のようなものが存在し、車体に力が加わった際にはフレームがたわむことでその力を吸収している。
このたわみが発生した際、ボディフレーム内の板が接触し音が発生したとのこと。

《対策》
ボディフレームには製造時に使用される穴が所々開いています。
今回、この穴からファイバースコープのような先端にカメラが付いたものと金属製の専用ツールを入れ、内部を確認しながら板と板のクリアランスを広げ調整するとのこと。

この対策のために開発されたツールで、正にスペシャルなツールです☆




■ようやくこの時を迎える?!

ようやく異音との戦いに終焉を迎えました。
納車された当初のような、静かな車内が戻ってきました。

と、言いたいところでしたが、自宅近くの道を右折する際に少し音が聞こえた気が…。
気のせいかと思い、自宅まで走行。

そして、自宅駐車場(少し坂がある)に入れようとバックした際、コツコツ。
あれ鳴ってんじゃん(T . T)

うーむ確かに鳴ったように聞こえましたが、とりあえず週末にじっくりと試したいと思います。
気のせいであってくれー…。

というわけで、異音対策結果は保留。
ホントしぶとい。
この結果はまた報告したいと思います。

ただ、良い発見もしました!
代車がA4 Avant 2.0 TFSI quattro(17インチ)だったんですが、それと比べると明らかにウチのA4の方が静かなんです。
もちろん異音は抜きにしてですが。
そして乗り心地もいい気がする。

これまで行なった、エーモン静音計画の効果やCPMの効果なんだろうなと感じました。
同グレードではないにしても、乗り比べると変化はわかるもんなんですねぇ。

エーモン静音計画とCPMの記事は以下をご参照ください。

続きを読む

Appendix

当ブログ内の記事検索


最新記事



Audi車 パーツ検索



フォルクスワーゲン車 パーツ検索


Google+