Latest Entries

フリマ?オークション?乗り換え放題?今どきのクルマとの付き合い方まとめ

いつも当ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

W杯はいよいよ決勝、3位決定戦を残すのみとなりました。
意外なチームが決勝に残ってたりしますか?それとも予想通り?

いずれにしても、この2試合でロシアW杯は終わっちゃうんですよね。
なんか寂しい…あっという間でしたね。

さて今回は、クルマに関する新しいサービスのお話です。




■クルマとの新しい付き合い方を実現するサービスが続々と現れつつある

若者のクルマ離れが言われていますが、実際はどうなんでしょう?
やはりその通りなのかな(若者じゃないのでちょっとわかりませんが)。

そんな中、クルマとの新しい向き合い方、新しい売買の仕方がいろいろと出てきているようです。

今回はその中から、4種類をピックアップしてご紹介したいと思います。
若者に限らず、知っておいて損はないように思えます。
ぜひご参考にしてみてくださいね~。




■culumo(クルモ)

<種別>
フリマ・オークション

<特徴>
・名義変更/輸送/決済の面倒な手続を代行してくれる
(代行費用はかかる)
・限定直販車両が毎週掲載される
(一般流通前の車両を仕入れ値に近い価格で買うことが可能)
・国内最大のオークションサイト「ヤフオク」に同時出品することが可能
(手数料あり)

<メリット>
個人間売買なら、中古車売買にかかる余分なコストを省くことが可能

<デメリット>
原則として売買成立後にキャンセルや返品・交換は不可(当然と言えば当然)

<会員登録要否>


<利用料金>
HP参照

 ⇒culumo(クルモ)

続きを読む

2018年上半期アクセス数ランキング & スクープ?!新型A7目撃!

いつも当ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

FIFA W杯 2018、我らが日本代表はベスト16で惜しくも敗退となりました。
ロスタイムで逆転ゴールを奪われるなど非常に悔しい敗戦でしたが、2点を先行し試合を優位に進める日本代表にはホント夢を見させていただきました。
監督、選手、関係者の方々、ありがとう!お疲れ様でした。

さて今回は、2018年上半期アクセスベスト3です。




■半期に一度のアクセスベスト3

6月が終わり7月に入りました。
ここで、2018年上半期のページ別アクセス数ベスト3を集計してみようと思います。

2018年1月1日~6月30日までに閲覧された総数で競い、上位3位までを選出。

Googleの検索結果の何番目に表示されるかで大きく変わることが予想されます。

例年は、MMIケーブルの記事、KUFATEC TVキャンセラーの記事が人気が高く、上位に食い込んできていましたが、今回は…?




■第3位「故障?不具合?Audi A4 Avant 納車後3日で起きた事件(>_<)」

<記事本文>

前回の記事で、Audi A4 Avant 2.0 TFSIが納車されたというお話をしましたね。

フツーであれば納車直後の数日間は嬉しさやワクワク感で、何か理由をつけて出かけ
たり遠出したりするわけですが、事件が起きたためそれができなくなりました(T-T)

小さい子供がいると、出かけるのも簡単でなく子供の体調やミルクのタイミングなどに
左右されてしまいます。

納車した土曜、次の日の日曜もそんな感じであまり出かけられなかったのですが、
月曜は有休を取得していたので少し遠出を予定していました。

しかし当日の朝、ベビーカーなどを積むために車をアンロックしようとしたところ…

カチャッっていわない(アンロックされない)( ゚д゚)
何度やり直しても、うんともすんともいわない。

⇒続きを読む

続きを読む

Audi A4 Avant (B9)に純正のシートベルトカバー装着っ。

いつも当ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

FIFA W杯2018はいよいよ決勝トーナメントが始まります。
ここからは負けたら終わり、1発勝負ですから、グループリーグとはまた違った熱戦が期待できそうですね!

まだしばらく寝不足が続きそうです。

さて今回は、同乗者へのおもてなしに。Audi純正シートベルトカバーのお話です。




■今回導入のアイテムは夏場に効力を発揮する

梅雨入りしてからはやはり、ジメジメした湿度の高い日が続いています。
梅雨の中休み(梅雨の晴れ間)は嬉しいですが、それでも湿度が高いことが多く、不快な暑さですよね。

ただ、Audi A4 Avantの車内はエアコンとプラズマクラスターのW効果で快適に過ごすことができてます。
ありがたやありがたや…。

しかしこの季節、長時間運転するとわずかですが、不快に感じることも出てきます。
その1つが、シートベルトと体の接触による不快感。

夏場は薄着になるので、シートベルトが直接肌に触れたり、薄手の生地を介して肌が押し込まれるような感覚になることがあります。

これらは短時間であれば気にならないのですが、長時間になると少しストレスになったり、降りた後にシートベルトが触れていた部分が赤くなったりしてしまいます。




■そこでAudi純正シートベルトカバーを試してみる

そこで今回購入したのが、Audi純正シートベルトカバー。
上の写真のように長方形をしており、シートベルトに巻きつけるように装着するものです。

筒状になっていますので、装着後は自由に位置を変えることができます。
シートベルトを装着して、直接肌に触れるような位置に移動させて使用する形。

肌さわりが良いスウェードのような生地で、シートベルトよりも面が広いので、肌への負担が減って装着感も良くなるって感じですかね。

Audi純正アクセサリーなので、さり気なくフォーリングスマークが入っている点も好印象。

続きを読む

Audi A4 Avant (B9)の気に入っている点まとめ(*・∀-)b

いつも当ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

サッカーW杯、日本の初戦はなんとコロンビアに勝利!
良い意味で期待を裏切ってくれましたね。

まだあと2試合あります。
良いイメージを持って次の試合へ挑んでいただきたいものです。

さて今回は、Audi A4 Avant (B9)の気に入っている点まとめです。




■気に入っている点をまとめてみる

前回、Audi A4 Avant (B9)の気に入っていない点をまとめました(前回の記事)が、今回は気に入っている点をベスト3としてまとめてみようと思います。

気に入っていない点より、気に入っている点の方が圧倒的に多いので、どれを選ぶかを結構迷いました。

それだけA4 Avant (B9)を気に入っているってことになりますかね~(^^)

前回もそうですがオーナー目線でまとめていますので、これから購入しようと検討している方にも参考にしていただけるかなと思います。




■第3位「縮尺の異なる地図を同時に表示可能」

どういうことかと言うと、バーチャルコックピットには地図が表示できますが、中央部のディスプレイにも地図を表示させた場合、それぞれ異なる縮尺で表示が可能なんです。

これは地味ではありますが非常に実用性が高く、気に入っています。

例えば、目的地までのルート案内を考えます。

中央部のディスプレイには広域の地図を表示し、ある程度遠方までの道のりを把握するのに使用する。
一方、バーチャルコックピットにはズームした地図を表示し、詳細な道路、施設を把握するのに使用する。

こうすることで、基本的にはバーチャルコックピットの地図を確認し走行、たまに中央部のディスプレイにてその先しばらくの大まかな道のりを確認するって感じで使えます。

一つのディスプレイだと縮尺を変更しながらそれぞれを確認しなくてはなりませんし、走行中だとこれは容易にはできませんからね。

<注意>
上記は、オプションのバーチャルコックピットが付いている場合に限ってできることです(ウチのA4 Avantには付いています)

続きを読む

Audi A4 Avant (B9)の気に入っていない点まとめ(°_°)

いつも当ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

サッカーW杯2018ロシアが開幕しましたね!
開幕戦は5-0と開催国ロシアが圧勝。84年ぶりの開幕戦大差らしいですよ。
我らが日本は19日に登場です。楽しみですね。

さて今回は、Audi A4 Avant (B9)の気に入っていない点まとめです。




■Audi A4 Avant (B9)の気に入っていない点をまとめてみる

Audi A4 Avant (B9)が納車されてから早1年半。
総走行距離は13000kmに達しました。
年間走行距離で換算すると8700km程度ですから、決して走り込んでいる感じではありませんかね。

まぁ、それは置いといて。
13000km走ってきて「ちょっと改善してほしいな」とか、「挙動が気に入らない」といったものがだいたい明確になってきたので、今回はベスト3(ワースト3と言うべきか?^^;)をまとめてみようと思います。

こちらの記事をご覧頂いているB9オーナーで共感していただける方もいらっしゃるかもしれません。
B9オーナーに限らず、購入を考えている方や他のAudiオーナーの方にも参考にしていただけたらと思います。




■気に入っていない点 第3位「ダイナミックターンインジケーター(フロント)」

A4 (B9)の場合、オプションのマトリックスLEDヘッドライトを付けると、同時にダイナミックターンインジケーター(いわゆる流れるウィンカー)がフロントにも備わります。

納車された当時はまだ、流れるウインカーを装備した車両(他社)がほとんどなかったんですが、ここ最近ではいろんな車種で搭載されてきており、街中で見かけることが多くなってきました。

他社の流れるウインカーを見てなんとなく感じたところが、
ウチのA4の流れ方はあまり滑らかではない
ということ。

流れ方が3段階くらいなんですよねぇ。
一方リアはというと、そんなことはなく滑らかな感じ。
ニョキ、ニョキっと外側へ伸びていく感じがなんとも心地が良い?!です。
どうせなら、リアと同じ感じにしてほしかったです。

続きを読む

Appendix

当ブログ内の記事検索


最新記事



Audi車 パーツ検索



フォルクスワーゲン車 パーツ検索


Google+