Latest Entries

Audi A4 Avant (B9)の気に入っていない点まとめ(°_°)

いつも当ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

サッカーW杯2018ロシアが開幕しましたね!
開幕戦は5-0と開催国ロシアが圧勝。84年ぶりの開幕戦大差らしいですよ。
我らが日本は19日に登場です。楽しみですね。

さて今回は、Audi A4 Avant (B9)の気に入っていない点まとめです。




■Audi A4 Avant (B9)の気に入っていない点をまとめてみる

Audi A4 Avant (B9)が納車されてから早1年半。
総走行距離は13000kmに達しました。
年間走行距離で換算すると8700km程度ですから、決して走り込んでいる感じではありませんかね。

まぁ、それは置いといて。
13000km走ってきて「ちょっと改善してほしいな」とか、「挙動が気に入らない」といったものがだいたい明確になってきたので、今回はベスト3(ワースト3と言うべきか?^^;)をまとめてみようと思います。

こちらの記事をご覧頂いているB9オーナーで共感していただける方もいらっしゃるかもしれません。
B9オーナーに限らず、購入を考えている方や他のAudiオーナーの方にも参考にしていただけたらと思います。




■気に入っていない点 第3位「ダイナミックターンインジケーター(フロント)」

A4 (B9)の場合、オプションのマトリックスLEDヘッドライトを付けると、同時にダイナミックターンインジケーター(いわゆる流れるウィンカー)がフロントにも備わります。

納車された当時はまだ、流れるウインカーを装備した車両(他社)がほとんどなかったんですが、ここ最近ではいろんな車種で搭載されてきており、街中で見かけることが多くなってきました。

他社の流れるウインカーを見てなんとなく感じたところが、
ウチのA4の流れ方はあまり滑らかではない
ということ。

流れ方が3段階くらいなんですよねぇ。
一方リアはというと、そんなことはなく滑らかな感じ。
ニョキ、ニョキっと外側へ伸びていく感じがなんとも心地が良い?!です。
どうせなら、リアと同じ感じにしてほしかったです。

続きを読む

Audi A4 Avant(B9)に純正のアルミ製エアバルブキャップ装着だいヽ(* 'ー')ノ

いつも当ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

私の住む地域でも、梅雨入りしてしまいました。
なんでも昨年より2週間早いのだとか。
それなら2週間早く梅雨明けしてもらいたいところですが。。。

さて今回は、Audi純正アルミエアバルブキャップについてです。




■おしゃれは足元から?!

ウチのA4 Avantは基本的にはほぼ買った時のまま(いじっていないということ)です。
これは純正の状態を気に入っていることと、S lineパッケージ車なのでフツーにスポーティでカッコイイからというのが大きな理由。

ただ、全くいじらないということになるとそれはつまらない。
なので大きないじりはないものの、自己満足の世界でちょっとずつ個性を出そうとしているわけであります。

そして今回、その自己満足パーツの1つであるタイヤのエアバルブキャップを新調しました☆

「おしゃれは足元から」と言います。
これでおしゃれ度が少し増すに違いありません。
再三言ってますが、あくまで自己満足の世界の話です…^^;




■経年劣化が進むとこんな感じに

実はこれまでも、社外品のエアバルブキャップを装着していました。
純正は黒いゴム製キャップが付いているだけでしたからね。

で、そのエアバルブキャップは某オクにて調達したSマーク入りのものなのですが、少し前に見た時には上の写真のような状態になってしまってました。

エアバルブキャップ中央のSマークがほぼ見えないくらい、しろーくなってしまっています。
この状態は非常に見栄えが悪い(純正の黒いゴム製の方がマシ)ので、新調する運びとなったわけです。

ちなみにこのしろーくなってしまったエアバルブキャップは1英世くらいのお値段だったかと思います。
スチール製のエアバルブキャップに樹脂製のSマークが貼られているだけのものです。

この樹脂がどうやら経年劣化を起こすようですね…。

続きを読む

Audi A4 Avant (B9)のリアプラスチック部の浮きを改善してもらいました(^^)

いつも当ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

先日のサッカー日本代表戦はご覧になりました?
私は用事があり観れなかったのですが、0-2という結果もさることながら、内容もあまり良くなかったようですね。
W杯が目前に迫っている中、時間はあまりありませんが、なんとか調子を上げていって欲しいものです。

さて今回は、リアガラス横のプラスチック部の浮きについてです。




■洗車の拭き上げ時に発見

GWに2回目のスパシャンを施工しました(以前の記事参照)が、その拭き上げを行なっている最中、リアガラス両サイドにあるプラスチック部(グラスブラックのところ)が浮いているのに気づきました。

手で軽く押し込めますが、粘着力が弱まっているようですぐに元に戻ってしまいます。
特に左側が酷くて、今後粘着力がさらに低下していくと、高速走行時なんかで脱落するんじゃないかって心配になりました。

なので念のためディーラーで診てもらうことに…。
予約をして、後日来店。

診てもらった結果、すぐに脱落するような危険はなさそうだけど、対応してくださるとのこと。




■浮きの原因は

対応は、「プラスチック部を車体から一度外し、接着面をキレイにしてから再接着する」ということでした。
どうやら、両面テープかなんかでくっつけてあるだけのようですね。

この両面テープの粘着が弱まっているらしくて、一部剥がれてきたのが原因みたい。
納車後まだ1年半なんだけどなぁ…。
やはり、少なからず日本の気候、高温多湿が影響してるのでしょう。

ただ、無償で対応していただけるので、問題ないです。
今回の作業は貼り付け直すだけなので、すんなり終わるだろうと考えていましたが…。

続きを読む

Audi A3 S line techno limtedは見逃せない限定車でっせd(゚ε゚*)

いつも当ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

なんだか最近、雨が多いですよねぇ。
晴れれば清々しくて気持ちが良いので、できれば休日は晴れてほしいところなんですが^^;

今年は梅雨入りが例年より早まると言われています。
おそらく数週間後には梅雨入りでしょうから、ちょっと憂鬱ですよね。

さて今回は、見逃せない限定車Audi A3 S line techno limitedのお話です。




■限定車のAudi A3 S line techno limted登場

2018年5月19日に以下2台の特別車両が発売になりました。
  • Audi A3 Sportback S line techno limited
  • Audi A3 Sedan S line techno limited

こちらの限定車、一言で言うと「A3を検討中の方は絶対に見逃せないもの」となっています。(スポーティさを求められる方は特に)

というのも、こちらの限定車には通常A3にはオプションでも設定できない「マトリックスLEDヘッドライト」が装備されているからなんです!
※S3にオプション設定可能。

これはすなわち、こう言い換えることができます。
この限定車techno limitedには、通常A3にはオプションでも設定できない「フロントのダイナミックターンインジゲーター(流れるウインカー)」が装備されている!

既に現行A3にお乗りの方々の中には、A3でマトリックスLEDヘッドライトが設定できなくて、泣く泣く諦めた(妥協した)方がいらっしゃると思いますからね。




■A3 S line techno limitedが見逃せないわけ

そのような方々は皆このようにおっしゃると思います。
「限定車とは言え、ずるい」
「最初から設定できるようにしてほしかった」

私ももし同じタイミングでA3を購入していたら、上記のように感じていたに違いないですね。

…話をもとに戻します。

現在A3を検討中でスポーティな仕様を好まれる場合、これは貴重なチャンスと言えます。
これを逃すと、いつ同じような特別車が出るかわかりませんからね。

限定車ということで、以下のような限定台数になっています。
  • Sportback 全国375台
  • Sedan 全国125台

Sedanの場合、全国で125台ですが、各ディーラーで1~2台程度のようですので、競争率は高いかと思いますねぇ。

それに比べてSportbackは台数が多めですが、それでもそこそこの競争率でしょうね。
あ、そうそう、Sportbackは通常装着されないルーフレールが付いているようです。
これもtechno limitedを選ぶ、大きなポイントになりそうですね。

ただ、残念な点があります。
それは2.0Lのquattroモデルは限定車の対象外ということです。
この点はご注意下さい。

続きを読む

【2度目】Audi A4 Avantにスパシャン2018を再施工しやした

いつも当ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

暑くなりましたね~
真夏日となる日もちょいちょい出てきました。
そろそろ長袖はいらなくなりそうですね。

さて今回は、前回施工から1ヶ月。スパシャン2018を2回目の施工のお話です。




■前回スパシャン施工から1ヶ月。その状態は

早くもスパシャン2018の初施工から1ヶ月が経過しました。

この1ヶ月間はかなりいい感じに雨を弾いてましたね~。
もうホント、雨の日が楽しみでした^^;

ただ4月は花粉や黄砂が多いからか、そこそこ汚れが付着した印象もあります。
この1ヶ月は洗車してませんので、まずは洗車してみて今の水弾き状態を見たいと思います。

シャンプー洗車した状態が上の写真になりますが、まだまだ元気よく弾いている感じですね!
3ヶ月ほどの耐久があるようですので、当たり前っちゃ当たり前ですが、目の当たりにすると安心します。




■再施工で艶アップを狙う

施工後1ヶ月の状態を確認したところで、せっかく洗車したのでさらに重ねての施工(2回目)を行います。

ネットで調べると、重ねての施工により艶アップや疎水性向上が期待できるみたい。
そうは言っても過度な期待はせず、GWで時間もありましたので、とりあえずやってみるか!って感じで取り掛かりました。

…1ヶ月ぶりにスパシャン2018の容器を見ましたが、相変わらずおしゃれな瓶です(笑)
中身がワインやジュースに見えてきますね。
小さな子供がいるご家庭の場合は、子供が目にしないところに閉まっておくのが良いと思われます…。

続きを読む

Appendix

当ブログ内の記事検索


最新記事



Audi車 パーツ検索



フォルクスワーゲン車 パーツ検索


Google+