Latest Entries

こんな対応アリ?!疑問に感じずにはいられないアウディディーラーの対応(-。-;

いつも当ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

ここ最近、非常に不安定な天気が続いていますね。
晴れてたと思ったら、急にどしゃ降りの雨と激しい雷。

ホントお気をつけくださいね。
さて今回は、疑問に感じずにはいられないアウディディーラーの対応についてです。




■ディーラーの対応への疑問

先日、8日間に渡る異音修理から帰ってきましたが、今回も異音が全く改善しないという残念な結果となってしまいました。(前回の記事はこちら

今回はそれに加えて、「疑問を感じずにはいられないディーラーの対応」がありました。(正確には以前からですが)

ホントは書くか迷ったのですが、異音改善がなかなか進んでいかない実態を受け、その要因の1つとなっているであろうディーラーの対応についても書いておくべきだと考えたからです。

なお、現在は改善に向かっており、継続してこのような状況にないことはお伝えしておきます。

(今回掲載している写真は全て代車でお借りしたA4 Sedan Sportです。走行距離200km未満の新車でした。)




■ディーラーによる対応内容(車両預け入れ~)

車両を預けるところから、修理が終わり受け取るところまでを時系列にまとめました。

ⅰ)車両を預ける際
事前に「今回行おうとしている対策内容」を確認したいと連絡しておいたが、ディーラーに行ってみると、メカニックが急きょお休みだということで、対策内容を聞けず。

後日、メカニックより途中経過もふまえて連絡(メール)させるということでしたので、そのまま車両を預けて帰宅。


ⅱ)車両を預けている8日間
2,3日くらいで連絡が来るかと待っていたのですが、全く連絡は来ず。
⇒以前から、こちらからの連絡に対して返信がないことが度々あったので、またかという思いでした(;_;)

続きを読む

シーズン3も改善されず!あ、Audi A4 (B9)の異音です(゚ω゚)

いつも当ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

台風5号が近づいてきてるみたいです。
強い勢力を保ったまま、かなりゆっくりと進んでるみたいですので、いつも以上に注意が必要ですね。

さて今回は、シーズン3も残念な結果に。Audi A4 (B9)の異音の件です。




■初めて当ブログにいらした方へ

ウチのA4 Avant (B9)に起きている異音について、これまでの経緯は過去の記事(下記)に載っています。

初めて当ブログにいらした方はまずはじめにご覧いただくと良いかなと思います。

長期化している異音対策。
この記事は、シーズン3の結果をお伝えします。

「Audi A4 Avant(B9)の3つのいや~な異音。なんとかしてよ~ディーラーさん(>_<)」

「Audi A4 Avant(B9)が異音改善のため入院となり、昨日帰ってきました〜( ˘ω˘ )」

「Audi A4 Avant (B9)の異音対策はシーズン3へ」




■異音②に関して

(異音②は、低速走行時や旋回時に足回り付近より発生する、バケツの底をコツコツ叩くような音です。)

バンプラバー、アッパーマウントをディーラーのデモカー(新車)と交換してみて検証。
結果は、異音は消えず。

音の質や頻度の変化もほぼないことから、原因はバンプラバーとアッパーマウントではないことがこれでわかりました。

また、同じディーラーにて同様の異音を相談されている方がいらっしゃるということを聞きました。
そちらの車両はquattroのSlineなしモデルとのことで、ウチのFFのSlineモデルとは異なるサスペンションを履いています。

同じ原因だと考えると同じパーツから発生している可能性の方が高いので、上記2モデルで共通したパーツが怪しいということになるようです。

劇的に進展はしていませんが、これで少し良い方向に行ってくれると嬉しいです。

続きを読む

Audi A4 Avant (B9)に装着したアイテムの満足度ランキング\(^-^)/

いつも当ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

子供たちは夏休みに入りましたかね~。
通勤時の電車では学生が少なくなったので、座れる可能性が上がり助かります。(汗)

さて今回は、ここまでAudi A4 Avantに装着したアイテムの満足度ランキングを挙げてみたいと思います。




■5位 m+ 給油口キャップ(キザス)

給油口を華やかに魅せてくれるアイテム。

セルフのスタンドで給油される方におすすめです。

普段は目にすることがないが、給油する時には必ず見るし手で触る物なので、満足感がある。

給油口に両面テープで貼るだけのお手軽さも良い。

装着時にちゃんと脱脂しないと、後々剥がれる可能性があるので注意。

このアイテムの詳細記事はこちら




■4位 ダークスモーク断熱フィルム(リア3面)

プライバシー保護と、見た目の引き締め効果、赤外線カットによる断熱効果が得られるアイテム。

奥様やお子様が後部座席に座る場合は、特に重要なんじゃないでしょうか。

車内からの視界は良好ですが、夜間は若干見にくくなるので、注意が必要。

断熱効果は体感的に結構高く、前席(断熱フィルムなし)との温度差を感じたため、
後から前席(左右ドアガラス)も透明の断熱フィルムを施工した経緯があります。

フロントガラスのみ未施工なのですが、最も面積の広いフロントガラスこそ施工しておくべきだったと今は思ってます。

このアイテムの詳細記事はこちら

続きを読む

Audi A4 Avant (B9)の異音対策はシーズン3へ

いつも当ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

私が住む地域では、梅雨明けが発表されました!
これでようやくジメッとした嫌な空気ともおさらばです。
カラッと晴れた日は、暑くなる前に早朝ドライブに行きたいですね~。

さて今回は、長引くAudi A4 (B9)異音対策の件です。




■これまでの対策まとめ

これまで、2回のD入院にて対策・改善を行なってきましたが、原因も対策方法も不明なままです。(異音の内容については、以前の記事参照)

以下にこれまで行なってきた、確認・対策内容(改善が見られなかったもの)を挙げてみます。

  • バンプラバーを取り外し、粘土の高いグリスをつける
  • 室内パネルの組付けを見直し、パネル接触面へフェルトテープを貼り付ける
  • 運転席、助手席のシートレール固定ボルトの締め付けを確認する
  • バンプストップ固定位置を確認する
  • ペダル付近の固定ボルトの締め付けを確認する
  • タイヤに異常がないか確認する
  • ハブベアリングに異常がないか確認する
  • 以前、フットレスト付近にボルトが落ちていたことがあったが、これが起因していないかを確認する


うーん…こうして見てみると、改めてかなりの強敵だということを思い知りますねぇ。




■最近気づいたこと

異音については日々悩まされ続けていますが、何か今まで気づかなかった特徴はないか、変化はないか、常に意識するようにしています。

そんな中、異音③について2点気づいた点がありました。
  • 高速走行時のみに発生していると思われていたが、中速走行時(50km/hくらい)でも発生していた。

  • 音量を比較すると、中速走行時<高速走行時。
    中速では一般道を走ることが多く、雑音が多かったために気づかなかったものと考えられる。
    またはっきりとは言い切れないが、高速走行後の中速走行でのみ発生しているようにも感じる。

  • ステアリング内部、またはステアリングを介して聞こえてくる?!

  • 耳をステアリング中央部に当てるとより鮮明に音が確認できたことから、ステアリング内部で発生しているか、ステアリングに繋がる部分からの音が伝わって来ているのか、それは不明。

続きを読む

Audi TT RS coupeを見てきました~OLEDがめちゃくちゃイイです(σ゚∀゚)σ有機EL

いつも当ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

ここ最近、ゲリラ豪雨を超えた集中豪雨が連続して発生しています。
平地や街中でも起きることみたいですので、万が一の時のために備えておきたいと思いました。

さて今回は、めちゃくちゃキレイ!Audi TTRS coupeのOLEDの件です。



■OLED(有機EL)を搭載したテールランプ

今回のTTRSで最も注目される点の1つは、OLEDを搭載したテールランプでしょう。
展示車のTTRSを見つけるないなや、すぐにテールランプを確認しに行きました。

そして、テールランプを点けてくれるようお願いしました。
通常ライトをONにすると間髪を入れずにLEDがパッと点灯するわけですが、このTTRSのOLEDテールランプは違いましたね。

内側から外側にかけて点灯していき、最後に全体を覆うOLEDが点灯するという演出が施されていたのでした!

これにはもう、うっとりと言うか何と言うか、見とれてしまいましたよ。(詳細は下の動画を御覧ください)
これを暗い中見てみたいものです。さらに際立って美しいに違いないです!




■インターナショナル エンジン オブ ザ イヤーのエンジン

8年連続でインターナショナル エンジン オブ ザ イヤーに輝いている、2.5L 5気筒TFSIエンジン。
これがAudi TTRS coupeに搭載されています。

もちろん、進化を続けているエンジンですので、前回受賞時よりも性能がアップしてます。
合金製のクランクケースに変更されたことにより、26kgの重量削減にも成功したとのことです。

最高出力は60psアップの400ps、最大トルクも30Nmアップで480Nm。

ウチのA4が最高出力190psの最大トルク320Nmですから、数値だけで比べられるものではありませんが、かなりの高性能さがうかがえますd(-ω・。)

続きを読む

Appendix

当ブログ内の記事検索


最新記事



Audi車 パーツ検索



フォルクスワーゲン車 パーツ検索


Google+