Latest Entries

キーカバー の落とし穴?!Audi A4 (B9)アドバンストキー電池交換に苦戦でごわす(。-∀-)

いつも当ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

ちょっとずつ寒くなってきましたね。
北海道では先日ようやく?初雪が観測されたみたいです。
雪と聞くとやはり冬を感じざるを得ませんよね。

さて今回は、Audi A4 Avant(B9)アドバンストキーの電池交換についてです。




■ディーラーの1年点検にて

先日、ウチのAudi A4 Avant(B9)は2回目の1年点検を行っていただきました。(以前の記事
その点検の中には、アドバンストキーの電池交換ももちろん含まれていたのですが、「ご自身で交換してください」ということになっておりました。

というのも、私が使用しているアドバンストキーには樹脂製のキーカバー(ハードタイプ)が装着されており、密着しているため外すのが困難だったからです。

ディーラーにて外せないこともないって話でしたが、過去にキーカバーを損傷してしまった事例があるとのことで、なるべくならご自身でやってくださいという流れになりました。

まぁしばらくは電池交換しなくても大丈夫かなと思っていたのですが、その後アドバンストキーのバッテリー警告が出るようになってしまい、エンジン始動時(停止時かな?)にピーっとうるさいので、電池交換を行うことに…。




■カッコいいキーカバーには思わぬ弊害が

ウチのAudi A4 Avant(B9)のアドバンストキーには、メインキー、サブキーどちらにもキーカバーが装着されています。

メインキーは栃木レザー製(以前の記事)、サブキーには樹脂製のハードタイプ(以前の記事)を装着しています。
ハードタイプはパールラメ入りのホワイトでウチのA4とほぼ同色で、触った感触も良く気に入っており、ここ最近はサブキーを主に使用しておりました。

今回電池交換するにあたってすんなりといかなかったのが、このハードタイプのキーカバーです。

購入時はまさかこんな落とし穴があるとは思っていませんでした。

このキーカバーは2つのパーツで構成されており、キーをそれらパーツで挟み込むような形でパチンとはめ込むだけで装着が可能なんです。
結構精密に作られているので、一度はめてしまうと「あたかもキーそのもの」のように見えます」。

これは嬉しいことだったのですが、電池交換の時期をむかえいざキーカバーを外そうとすると、簡単にはずれない…。
隙間がほとんどないんです。
精密に作られているのが仇となりました。

これが、私がハマった落とし穴です。

続きを読む

新型Audi A8は自動運転レベル3を封印され、どこか寂しそうでした(;o;)

いつも当ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

紅葉の季節ですね~。もう紅葉狩りには行かれましたか?
ドライブするにも心地よい気候なので、今がお出かけには良いタイミングかもしれませんね。

さて今回は、先日ディーラーにて見てきた、新型Audi A8のお話です。




■フルモデルチェンジしたAudi A8

先日、ウチのA4 Avantが2回目の1年点検を迎えました。
その際お世話になっているディーラーに伺ったのですが、早くも新型Audi A8が展示されていました。

一番目立つ位置に展示されたA8は、艷やかなブラックボディをまとっており、やはりただならぬ存在感…。

1年点検の打合せを早々に済ませ、A8の車両のところへ。
最初にフロントを見たわけですが、「あーなるほど、これが賛否両論のフロントなんだな。」となんとなくその賛否両論ある意味がわかったかなという感じでしたね。

というのも、前モデルより威圧感がかけたように思えたからです。
まぁ、これは好みもありますから、一概に悪くなったとは思いませんけどね。




■いったいおいくらなの?

そして、驚くことなかれ。
このAudi A8、お値段はオプション込みで13,320,000諭吉ですよ!

たしか、ちょっと前に発売されたA7 Sportbackでは1000万諭吉弱
くらいだったはず。
A8はこのはるか上をいってました\(^o^)/

まぁそんなお高いA8なんですが、展示車両には鍵はかかっていません。
恐る恐るドアを開け、靴底を擦ったりしないように注意しながら乗り込みます。

国産車の高級グレードではよく見られる、ステッチ入りのレザーが張られたインテリア。
国産車のソレとはレザーの質があきらかに違います。
目に映る物が全て上質に感じました。

ただ一方、Audiはエントリーグレードからある程度の統一した質感で作られているので、ウチのA4と比較してもとんでもなく上質な感じではないように思いますね。

続きを読む

モールスーパーでAudi A4 Avantのアルミモール白サビを除去じゃい(^_^)a

いつも当ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

11月がスタートしました。
2018年も残り2ヶ月ということになります。
まぁまだ早いですが、年賀状のことが頭の中にちらつき始めますかね。

さて今回は、先日購入したMold Super(モールスーパー)による白サビ除去実践編です。




■(おさらい)購入したのはコレ!

以前の記事で白サビがまた発生したお話をしました。
せっかくのアルミモールなのに、斑点みたいになってしまっているのはホント見栄えがよくありません。

そこで、白サビを除去するための新兵器として購入したのが、「Mold Super(以下モールスーパー)」


私はAmazonにて購入しましたが、購入者のレビューも高くだいぶ期待しちゃってます!

作業に必要なものが全て付属しているのもモールスーパーの大きな特徴です。
  • 溶剤
  • 磨きに使用するスポンジ
  • マスキングテープ

おかげで、ホームセンターやカー用品店に行く手間が省けました\(^o^)/
※マスキングテープも付属していますが、今回は自宅にあったものを使用しています。



■まずは作業準備を

作業当日は曇った涼しい気候。
モールスーパーの溶剤は作業中に乾燥させないようにということなので、曇った日は絶好の作業日和となります。

磨きを行う前に準備を。
まず、固く絞ったタオルでアルミモールに付着したホコリや汚れを取り除きます。
まぁ、フツーに吹き吹きするだけですね。

そして、アルミモールに沿ってマスキングテープを貼っていきます。
磨き作業でボディーまで磨いてしまわないように、また隙間に溶剤が入り込まないように、丁寧に位置決めして貼りました。

あとは、モールスーパーにて磨きを行った後に拭き取るためのタオルをこれまた固く絞って用意しておくくらいでしょうか。

続きを読む

【異常なし】Audi A4 Avant (B9)の1年点検(2回目)を受けました~(^。^)

いつも当ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

どうでもいい話ですが、現在、財布の中にギザ10が2枚入っています。
こんな状況、ここ5年以上なかったですかね。珍しい。
電子マネーが普及して、私自身もスマホやクレジットカード払いが多くなってますので、そのせいかもしれません。

さて今回は、先日やってもらいましたAudi A4 Avant (B9)の1年点検(2回目)についてです。




■納車から2年。早いものです。

少し前に1通のダイレクトメールが自宅に届きました。
見ると1年点検のお知らせが書かれており、近々ディーラーで受けてねっということでした。

Audi A4 Avantが納車されてもう2年経つんだーと改めて思いましたね。
納車直後の事件異音改善対応などが結構昔のことに感じます。

ということで、ディーラーに1年点検の予約を取り、2年を迎えるちょっと前に点検を済ませてきました~。

点検は朝預けて夕方受け取るというスタイル。
代車が出るので当日まで何が出るか楽しみにしてましたが、なんと現行A5 Sportback!

リアシートの角度がA4より寝ているので、チャイルドシートを乗せるのに若干のゴタゴタがありましたが、無事装着。
4ドアクーペの美しさを感じつつ、quattroの走りを楽しませていただきました(^^)




■1年点検(2回目)の内容はこんな感じ

1年点検は、法定12ヶ月点検とフリーウェイに定められた項目について点検が行われます。
今回は、以下内容を行っていただきました。

<法定12ヶ月点検整備>
  • VASテスター コンピューター診断
  • エキゾーストガス点検
  • タイヤ空気圧調整(窒素充填してるんで未実施)
  • タイヤローテーション実施
  • ブレーキシステム点検
  • ブレーキパッド残量点検
  • ドライブベルト点検
  • ウィンドウウォッシャー補充
  • ドライブドレン装置点検
  • サスペンション下回り装置取付状態点検
  • バッテリー診断、取付状態点検
  • ドアヒンジ・ドアロック可動部給油
  • 各種灯火装置点検

<フリーウェイプランの実施項目>
  • エンジンオイル、オイルフィルター、ドレンプラグ交換
  • リアワイパーブレード交換(フロントは未実施)
  • エアコンボーレンフィルター交換
  • ブレーキフルード交換
  • キーバッテリー交換

続きを読む

Audi A4 Avant アルミモール白サビ除去の準備を始めますp(^_^)q

いつも当ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

突然ですが先日行われた、サッカー日本代表 VS ウルグアイ観ました?
世代交代が行われた日本代表、かなり期待できそうですよね~。
縦(前)への意識が高い、選手の距離感が良い、ワンタッチパスが多い。。。
まずはアジアの頂点を手にしてもらいたいところです。

さて今回は、ここ最近また目立つようになってきたウィンドウモールの白サビについてです。




■輸入車(欧州車)オーナーでは定番のお悩みなのでは

輸入車でも欧州車にお乗りの方は、多くの方がこの悩みをお持ちでしょう。
モールの白サビ。
窓枠に沿ってシルバーになっている、あのモールです。

国産車のモールはほとんどがメッキなので白サビは気にする必要がないのですが、欧州車の場合はこれがアルミ製のことが多い。

日本は高温多湿な気候のため、このアルミに白サビが発生してしまうのですねぇ。
仕方ないっちゃ仕方ないんですが、白サビが発生するとくすんだ感じにポツポツと白い円状のサビがつくので、みっともない。。。




■以前、頑張って目立たなくしたが

実は過去に一度、この白サビの除去、対策を行ったことがあります。(以前の記事

記事を読んでいただければわかりますが、その時は完全に除去するまでには至らずも、まぁまぁ目立たないところまでいきました。

それから数ヶ月。。。
以前よりも状態は悪いように思えます。

早いとこやらなきゃな、なんて思っていたのですが、以前やったときはなかなかハードな作業だったため、なかなか行動に移せない。

黙っていても悪化していくばかりなので、ようやく重い腰を…
フツーにやったら結果は見えているので、白サビ除去に使用する商品を新規で購入し試すことにしました。

続きを読む

Appendix

当ブログ内の記事検索


最新記事



Audi車 パーツ検索



フォルクスワーゲン車 パーツ検索


Google+