TOP > A4 > title - Audi A4 Avant (B9)の12ヶ月点検、そして異音対策はいよいよ最終章?!

Entries

Audi A4 Avant (B9)の12ヶ月点検、そして異音対策はいよいよ最終章?!

いつも当ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

先週末は台風が東海、関東を通過していきました。
そして今週末から来週頭にかけて、またしても台風が日本に近づいてくるようですね。
地盤が緩んでいるところも多いと思いますので、いつも以上に注意されてください。

さて今回は、納車から11ヶ月。少し早い12ヶ月点検と異音対策シーズン5のお話です。




■保留になっていた異音対策の準備ができた

ようやく、対策準備待ちとなっていた異音対策を行なっていただきました。
まずは、ウチのA4 Avant (B9)で発生した3つの異音について、以下をご参照ください。

3つの異音について

●今回対策した異音(異音②の一部改善仕切れていない部分)
旋回時や低速時の段差通過時等において、コツコツとバケツの底を叩くような音がする

《原因》
ボディフレーム内には複数の板のようなものが存在し、車体に力が加わった際にはフレームがたわむことでその力を吸収している。
このたわみが発生した際、ボディフレーム内の板が接触し音が発生したとのこと。

《対策》
ボディフレームには製造時に使用される穴が所々開いています。
今回、この穴からファイバースコープのような先端にカメラが付いたものと金属製の専用ツールを入れ、内部を確認しながら板と板のクリアランスを広げ調整するとのこと。

この対策のために開発されたツールで、正にスペシャルなツールです☆




■ようやくこの時を迎える?!

ようやく異音との戦いに終焉を迎えました。
納車された当初のような、静かな車内が戻ってきました。

と、言いたいところでしたが、自宅近くの道を右折する際に少し音が聞こえた気が…。
気のせいかと思い、自宅まで走行。

そして、自宅駐車場(少し坂がある)に入れようとバックした際、コツコツ。
あれ鳴ってんじゃん(T . T)

うーむ確かに鳴ったように聞こえましたが、とりあえず週末にじっくりと試したいと思います。
気のせいであってくれー…。

というわけで、異音対策結果は保留。
ホントしぶとい。
この結果はまた報告したいと思います。

ただ、良い発見もしました!
代車がA4 Avant 2.0 TFSI quattro(17インチ)だったんですが、それと比べると明らかにウチのA4の方が静かなんです。
もちろん異音は抜きにしてですが。
そして乗り心地もいい気がする。

これまで行なった、エーモン静音計画の効果やCPMの効果なんだろうなと感じました。
同グレードではないにしても、乗り比べると変化はわかるもんなんですねぇ。

エーモン静音計画とCPMの記事は以下をご参照ください。




■12ヶ月点検も同時に

そして今回は納車後11ヶ月ほど経つということで、一緒に12ヶ月点検も行なっていただきましたd(゚ε゚*)

主な内容は以下です。
  • エンジンオイル交換
  • オイルエレメント交換
  • 専用テスターによるエラーチェック
これ以外に法定の点検項目、Audi社指定の点検項目は含まれます。

納車後初めてのオイル交換となりますので、フィーリングの変化は期待したいところですね。

その他にもワイパーブレードの交換も勧められましたが、納車時から社外品のBellof フラットビューティーワイパーに付け替えているので今回は見送りとしました。

Audi Freeway Planでは、ワイパーブレードを3年で2回まで交換できるんだったかな。
2回目の12ヶ月点検で交換しない場合は、ワイパーブレードを持って帰ることになりますね。

あと、タイヤは前後でローテーションしていただきました。




■それ以外にお願いしたこと

それ以外にお願いしたことは
  1. レーダー探知機の取付箇所安定化
  2. ドアハンドルセンサーの反応が鈍い
  3. レーンキープアシスト時のハンドル操作警告感度調整
です。


●レーダー探知機の取付箇所安定化

レーダー探知機は運転席から見て右前方のダッシュボードの上に両面テープで貼り付けてありますが、貼り付け面が平らでないためか夏場に粘着が落ちてきたため、その安定化(再固定)をお願いしました。




●ドアハンドルセンサーの反応が鈍い

ドアハンドルセンサーは毎回じゃないんですが、数回やっても反応しないことがあり見ていただきました。
車両を使っていない際はセキュリティのためドアハンドルセンサーの感度は段階的に下げられ、最終的にはスリープ状態となります。

この段階的に下げられる際のカーブが緩やかでなかった(セキュリティが上げられていた)ため、感度が鈍く感じられたのではということでした。
※2016年、2017年モデルがこの設定になっているみたいです。
今回、このカーブを緩やかになるようにしていただきました。
とりあえず、様子を見てみます。




●レーンキープアシスト時のハンドル操作警告感度調整

レーンキープアシスト時はハンドル操作をしていないと警告音がなるんですが、ずっと真っ直ぐなところを走っているとハンドルを持っていても鳴ってしまい、うるさいので感度を鈍くしたいなと思いお願いしました。
が、これに関しては、調整できないとのことでした。
仕方ないですかね。うるさい時はレーンキープアシストをOFFにします。

Audi車は、ハンドル自体にセンサーがあるわけではなく、ハンドルの軸に力が加わっているかでハンドル操作をしているか判断するので、このようなことが起こるんですね。
ただ、その判断方法は間違っていないように私は思います。
ハンドル自体にセンサーがある場合、ハンドルを持っていても寝てしまってたら警告はありませんから。


●まとめ

異音対策結果については、もう少しじっくり確認が必要。
12ヶ月点検は異常なく終了。
ドアハンドルセンサーももう少し使ってみる必要あり。



関連記事

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://touranvw.blog.fc2.com/tb.php/351-de2b2942

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

当ブログ内の記事検索


最新記事



Audi車 パーツ検索



フォルクスワーゲン車 パーツ検索


Google+