TOP > A4 > title - Audi A4 (B9)のキーカバー、今度はハードタイプを装着してみました~(^^)

Entries

Audi A4 (B9)のキーカバー、今度はハードタイプを装着してみました~(^^)

いつも当ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

今週末は、全国的に春の嵐が来るようです。
雨、風ともに強いようですので、お出かけの際はご注意ください。

さて今回は、いる?いらない?スペアキーにハードタイプのキーカバー装着のお話です。




■以前購入したレザーキーカバーの今

以前、栃木レザー製のレザーキーカバーを付けまして(以前の記事はこちら)、それから一度も外さずに使用しています。
平日はほぼA4 Avantを使っていないので、休日のみの使用で月に8日程度の使用頻度になりますかね。

現在の状態は上の写真で確認できますが、味が出てきていい感じになってきたと思います。
革製品はこれが楽しみですよね~。
耐久性も高いし、使えば使うほど馴染んできて、味も出てくる。

それならお気に入りのレザーキーカバーが1つあれば良いのですが、今度はスペアキーにも何か付けたい衝動にかられまして…
今回はスペアキー用のキーカバーを探しました。




■レザーキーカバーのデメリット

スペアキー用のキーカバーを探すにあたって、今使用しているレザーキーカバーの不満点(デメリット)を挙げてみました。
  • フォーリングスマーク用に開けられた穴の位置が微妙に合わない
  • 馴染むまでかさばる

キーについているフォーリングスマークがキーカバーをしても見えるようにと、その部分に穴が開けられているのですが、この位置が微妙に合わないんです。
馴染めば変わるかなと思いつつ使用しましたが、あまり変わらず…。

またレザーの使い始めはそこそこ硬いので、キーの局面にうまくレザーが湾曲してくれず、いつもよりキーがゴツく感じられました。

以上のようにレザーキーカバーのデメリットを挙げてみて、スペアキーはレザーじゃないやつにしようという結論に。

そうなるとシリコン製かハードタイプかになりますが、シリコン製はなんかあまり好きじゃないので、今回はハードキーカバーを取り付けることに決定です!




■スペアキーにハードキーカバーを取付

ネットで検索してもなかなか気にいるのが見つかりません。
まだまだ現行のキーに対応したものが少ないのかも知れませんね。

そんな中でも安価で良さそうだったのが、Amazonなどで売られているコレ
購入者の評価も悪くないです。ただ、ちょっとかっこよさには欠けるかなってところでしょうか。
結局、コレは購入せず。

さらにはこんなものも見つけました(*゚∀゚*)!
リアルカーボン製のものです。
カッコイイんですが、黒だとちょっと変わり映えしないかなぁ。

その後、ヤフオク、メルカリなどを検索すると、おぉっと思うものに出会えました。
カラーが3色から選択可能で、サイトの写真を見ても上品な感じに見えます。
失効間近のポイントがあったので、これに決定、購入しました。

到着した商品をチェックしてみると…
結構簡易的なパッケージに入っており、なんかちゃっちぃ感じ(汗)

しかし!
実際キーに取付けてみると(キーを挟み込んでパチンと噛み合わせるだけ)、これが意外にしっくりくる。。。

キーを押す時に若干釦が沈み込んでる感覚にはなりますが、これはあまり気にならないレベルです。
色味もクリーム色よりかはグレイシアホワイトに近い感じで、なかなか気に入りました。




■結局のところ、キーカバーは必要なのか

キーカバーの用途はおそらく以下の2点だと思います。
  • キーのドレスアップ
  • 衝撃や傷からの保護

車で出掛けお店で食事をするような場合、テーブルの上などに車のキーを置くことがあります。
そんな時、何の変哲もないフツーのキーよりも、ちょっとそれとは違ったキーの方が注目されますね。

それくらいです。
あとは自己満足の世界でしょうか…。

キーの保護については実用的だと思います。
スマホを購入したらカバーを付けるのと同じですね。
ただ、スマホほどの重さはありませんから、アスファルトの上にキーを落としたとしても軽症でしょうかね。

うーむ、あまり必要性を感じなくなってきてしまいました(汗)
もちろん、買ったやつは大事に使います。

<結論>
キーカバーはキーの保護には有効だが、高価なものは不要。
あとは自己満足の世界。



関連記事

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://touranvw.blog.fc2.com/tb.php/375-0a9fc2e0

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

当ブログ内の記事検索


最新記事



Audi車 パーツ検索



フォルクスワーゲン車 パーツ検索


Google+