TOP > その他 > title - フリマ?オークション?乗り換え放題?今どきのクルマとの付き合い方まとめ

Entries

フリマ?オークション?乗り換え放題?今どきのクルマとの付き合い方まとめ

いつも当ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

W杯はいよいよ決勝、3位決定戦を残すのみとなりました。
意外なチームが決勝に残ってたりしますか?それとも予想通り?

いずれにしても、この2試合でロシアW杯は終わっちゃうんですよね。
なんか寂しい…あっという間でしたね。

さて今回は、クルマに関する新しいサービスのお話です。




■クルマとの新しい付き合い方を実現するサービスが続々と現れつつある

若者のクルマ離れが言われていますが、実際はどうなんでしょう?
やはりその通りなのかな(若者じゃないのでちょっとわかりませんが)。

そんな中、クルマとの新しい向き合い方、新しい売買の仕方がいろいろと出てきているようです。

今回はその中から、4種類をピックアップしてご紹介したいと思います。
若者に限らず、知っておいて損はないように思えます。
ぜひご参考にしてみてくださいね~。




■culumo(クルモ)

<種別>
フリマ・オークション

<特徴>
・名義変更/輸送/決済の面倒な手続を代行してくれる
(代行費用はかかる)
・限定直販車両が毎週掲載される
(一般流通前の車両を仕入れ値に近い価格で買うことが可能)
・国内最大のオークションサイト「ヤフオク」に同時出品することが可能
(手数料あり)

<メリット>
個人間売買なら、中古車売買にかかる余分なコストを省くことが可能

<デメリット>
原則として売買成立後にキャンセルや返品・交換は不可(当然と言えば当然)

<会員登録要否>


<利用料金>
HP参照

 ⇒culumo(クルモ)




■カープライス

<種別>
オークション

<特徴>
・国内外900社以上の中古車販売店、輸出業者が入札する
・ライブオークションの様子は、自分のパソコン、スマートフォン、タブレット端末で手軽に見ることが可能
・電話・査定は1社のみ(一括査定サイトは複数社との電話・査定が必要)

<メリット>
・査定からオークション出品までは費用が一切かからない(売買成立して初めて費用が発生
・最低売却価格が設定可能
・今ならキャンペーン「ドットマネー by Ameba」を50000円分もらえる

<会員登録要否>
不要

<利用料金>
売買が成立した段階で10000円(税抜)

 ⇒Car Price(カープライス)




■Ullo(ウーロ)

<種別>
フリマ

<特徴>
・車を売りたい人と車を買いたい中古車販売店を直接結ぶフリマ型車買取サービス
・フリマ形式のため、売りたい価格を自分自身で決めることが可能
(決めた価格に届かなかった場合、売らなくてOK)

<メリット>
・中間業者を挟まないから高価買取
・電話営業がないから安心(基本的に管理画面でのやり取りのみ)

<会員登録要否>
不要

<利用料金>
出品手数料、購入申し込み時の売買手数料、どちらも無料

 ⇒中間業者を挟まない分愛車が高く売れる フリマ型中古車買取Ullo




■NORERU(ノレル)

<種別>
新しいクルマの乗り方

<特徴>
・好きなクルマに乗り換え放題のサービス
(ただし、最低利用期間等の条件あり)
・最低利用期間は90日
・累計900車種、600台(※2018年2月1日時点)
・予約~納車まで最短24日
・高額プランでは、メルセデスやAudiも選択可能
(Audiは79800のプランから長期割なら59800になる)

<メリット>
・対人・対物・人身傷害保険込み(おクルマの補償はNORELケアの加入が必要)
・自動車税、重量税の支払い不要。車検も必要なし
・短期間で用途の異なるタイプのクルマが必要な時など便利
・短期間だけ輸入車ユーザーになるみたいなことが可能

<デメリット >
・返却時に車両が損傷していた場合、原状回復費用などが発生することがある
・利用期間中の走行距離が月間平均2,000kmを超えていた場合は追加費用が発生

<会員登録要否>


<利用料金>
プランは6つ(すべて月額)
19800、39800、59800、79800、99800、PREMIUM

 ⇒NOREL(ノレル)



関連記事

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://touranvw.blog.fc2.com/tb.php/387-5df78182

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

当ブログ内の記事検索


最新記事



Audi車 パーツ検索



フォルクスワーゲン車 パーツ検索


Google+