TOP > A4 > title - Audi A4のリコールが立て続けに数件、届出されましたねぇ_φ(・_・

Entries

Audi A4のリコールが立て続けに数件、届出されましたねぇ_φ(・_・

いつも当ブログをご覧いただき、ありがとうございます。
クールビズが9月末で終わりネクタイを締めて出社しているのですが、日中はまだまだ暑く首周りに汗をかくことが多いです。
あと1ヶ月クールビズを継続してほしい…。

さて今回は、ここ1ヶ月半で立て続けに届け出されたAudi A4のリコールについてです。




■Audi A4関係のリコールは3件

2018年9月から10月中旬までの1ヶ月半に、Audi A4関係のリコールが3件届け出されているのを知りました。

その3件とは
  • エアロダイナミックトリムの取付修正
  • 燃料パイプの取付修正
  • クーラントポンプの点検/交換及びECUのプログラム改修

です。

ウチのA4(B9)に絡んできそうなのは、このうち1件でしょうか。
なーんか、どっかで聞いたことのあるようなものもありますねぇ。

リコールは無償修理なので嫌なイメージはないのですが、「○○の恐れがある」などと書いてありますから、修理せずにいると危険なものもあります。

自分の車両が該当したら、速やかにディーラーへ修理の予約をしたいところですね。
DMも後ほど送られてくるかと思いますが、そのタイミングだと予約が殺到している可能性があるので、早めが良いかと思います。




■エアロダイナミックトリムの取付修正

<届出日>
2018年9月6日

<対象車種>
Audi A4 Avant(1.4、2.0)、Audi S4 Avant、Audi A4 allroad quattro
いずれも8W型 ※ウチの車両が該当
計3854台
(実際にご自身の車両が該当するかはアウディジャパンのHPにてご確認ください)

<概要>
リヤガラスの両端に装着されている空気整流用トリムにおいて、アウターシェルとインナー シェルの取付けが不適切なため、外部入力及び内部ストレスによりアウターシェルの一部が 剥がれ、走行中に異音が発生するおそれがあります。

<改善内容>
全車両、当該空気整流用トリムを指定された接着方法で付け直します。

<考察>
空気整流用トリムは接着剤によってリヤガラスに取り付けられていますが、その取付けが適切でなく剥がれてくる可能性がある。
→これにより、走行中にバタバタと異音が発生する恐れがある。
 場合によっては脱落する?
危険度は低いですが、不快な思いをしたり後続車に迷惑をかけたりする。

このリコールは、以前ウチのA4がディーラーにて対応していただいた、これと同じ内容ですね。




■燃料パイプの取付修正

<届出日>
2018年10月10日

<対象車種>
Audi A4 Avant 1.4のみ(8W型)
※ウチの車両は該当せず
計1175台
(実際にご自身の車両が該当するかはアウディジャパンのHPにてご確認ください)

<概要>
原動機に装着されている燃料パイプの取付けボルトにおいて、取付作業が不適切なため、締 め付けトルクが不足しているものがあります。
そのため走行振動等により当該ボルトが緩み、 最悪の場合、燃料が漏れるおそれがあります。


<改善内容>
全車両、燃料パイプ取付けボルトを規定トルクで締め付けます。

<考察>
燃料パイプ取付ボルトが規程トルクで取付けられていない
→ボルトが緩み、内部の燃料が流れ出る
→何かのはずみで引火し車両火災に
これって結構危険度高いような気がします。
燃料が絡んでますからね。
早めの改善が必要でしょう。




■クーラントポンプの点検/交換及びECUのプログラム改修

<届出日>
2018年10月10日

<対象車種>
Audi A4(8K型)
Audi A5(8F型、8T型)
Audi A6(4G型)
(実際にご自身の車両が該当するかはアウディジャパンのHPにてご確認ください)

<概要>
エンジン冷却装置において、補助クーラントポンプの湿度に対する対応策が不十分なため、ポ ンプ内に湿気が蓄積し、ポンプ内の電子基板が水分に浸食されることがあります。
そのため、 電子基板が浸食及び短絡し、最悪の場合、火災に至るおそれがあります。


<改善内容>
全車両、補助クーラントポンプを点検し、旧品が取り付けられている場合は対策品に交換しま す。
また、エンジンコントロールユニットの制御プログラムを対策プログラムに書き換えます。


<考察>
エンジン冷却装置の補助クーラントポンプ湿度対策不良により、ポンプの制御等に使用されている電子基板がショートする可能性がある
→これにより火災が発生する恐れあり
これは危険度高い感じですね。
燃料が流れ出るよりもさらに、エンジン内で火花が発生する方が怖い感じがします(素人的な考えですいません)

繰り返しになりますが、リコールが届けられたら早めに修理の予約を取るようにしましょう!



関連記事

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://touranvw.blog.fc2.com/tb.php/400-de6e6ce6

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

当ブログ内の記事検索


最新記事


Audi車 パーツ検索



フォルクスワーゲン車 パーツ検索


Google+